いままで編んだもの ~Willowwork Cowl


編んだ作品:Willowwork Cowl by Amy Gunderson[カウル]
使用糸:Novita 7 Veljestä – 60 Hiekka, 160 Farkku

 編み込み模様はミトンのPerianthを編んで以降、いつかちゃんと編み込み模様の作品を編みたいと思っていながら、結局取り掛かることはなく3年ほどが過ぎました。

そろそろまた挑戦してみようかなあ、と思っていたそんなときにちょうど見つけたのがこのWillowwork Cowlでした。
 まずは、編み始める前に、模様をきれいに出すためにはどんなことに気をつけたらいいのか、編み込み模様を編むときのコツを調べ、あるサイトにたどり着きました。書かれていることを読んでからサンプルを編んでみたら、確かに模様がはっきりと出たのです。私にとって、これはとても大きな収穫でした。それからすぐにこのパターンに取り掛かり、仕上げました。
 そして次に、より編み込み模様が本格的な、同じデザイナーさんによるTempletop Cowlを編むことにしたのでした。

 最初は自分で使うつもりでいましたが、夫が試着したらよく似合っていたのでプレゼントしました。耳まで隠れて暖かくて良い、とのことです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です