Casual Lace その5「金属製の針だからこそ」 ~52 Weeks of Socksプロジェクト


 編み図の読み方で手こずっていたくつ下のCasual Laceですが、読み方が分かったらあとはスムーズです。3.5 mm針、3.25 mm針で編むところは終わり、いまは3 mm針で編んでいます。


 くつ下パターン集、Laine Magazine“52 Weeks of Socks”(リンク先:Ravelry)に掲載されている52作品を全部編むという『52 Weeks of Socksプロジェクト』をのんびりと行っています。このくつ下パターン集については、下記の記事で紹介しています。


 
  Casual Laceのパターンは↓こちら(リンク先: Ravelry)。


 そしてもうLeg 脚部分が終わり、片方はかかとも編み終わりました。編み図で立ち往生していたときとは大違いなくらい、サクサク編めています。


 
 この糸は、現在使っている毛糸玉だけしかないため、糸が足りるかどうか心配になったので、Leg部分は12段ほど省略しました。また、片方を先に仕上げたらもう片方では糸が足りない!なんてことがないよう、両方を少しずつ編み進める方が効率が良さそうだと判断し、いまは別々の針を使った同時編みみたいなことをしています。以前くつ下を編む用として、サイズごとにメーカー違いで二種類購入した金属製の編み針が、ここで大活躍中。以前の投稿にも書いたように、Aran糸を3 mm針で編むことを心配していましたが、目はたしかにきつくなりますが、それ以外はまったくの杞憂でした。あって良かった金属製輪針。使っている針のメーカーと種類はAddiのFeinstricknadelnとKnitProのZingです。どちらもお気に入りの針です。


 
 あとは、糸さえ足りれば、とくに問題なく最後まで編めそうな気がしてきました。がんばるぞー。
 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ 
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です