袖の減らし目終了 〜Yöllä 編み物

袖の減らし目終了 〜Yöllä

 ごちゃごちゃとくだらないことを乗り越えて?、やっと袖の続きを編み始めたカーディガンのYöllä。袖の減らし目がやっと終わりました。ここから袖口のゴム編みまで、パターン指定の長さになるまでひたすら編んでいくのみ。  このカーディガンの肝は、裏目が表に出ることと、肩から袖につながる模様編みです(という…
ブラームスを追い求めて その1 ドイツ生活

ブラームスを追い求めて その1

 先日『ゲッティンゲンの七教授 Göttinger Siebenの記念碑』の記事にも書きましたが、ゲッティンゲンは後世に名の知られている人たちが生まれたり、大学で勉強していたり、住んでいたりしていた場所でもあります。とくに、私にとって重要な人物は、作曲家のヨハネス・ブラームス Johannes Br…
二週間ぶりに続きを再開 ~Yöllä 編み物

二週間ぶりに続きを再開 ~Yöllä

 袖を編み始めているカーディガンのYölläですが、ブログにその様子をアップするのは二週間ぶり……。というのも、実はあまり進んでいないからなのです。裏目ばかりを編み続けなければならないことに微妙にやる気を奪われ、表目を編めるくつ下(Dear Björn)に、つい逃げてしまっていました。また、それとは…
なわ編み針などの道具を使わずに1目交差を編む方法 編み物

なわ編み針などの道具を使わずに1目交差を編む方法

右上・左上1目交差は、なわ編み針を使わなくても編むことができます    くつ下のDear Björnでは左上1目交差、右上1目交差という編み方で模様を作り出しています。これは2目を左右入れ替えて編むもので、左側の目が上になる(表に出る)のを左上1目交差、右側の目が上になる(表に出る)のを右上1目交差…
Dear Björn その4「片方が編み上がりました」 ~52 Weeks of Socksプロジェクト 52 Weeks of Socks

Dear Björn その4「片方が編み上がりました」 ~52 Weeks of Socksプロジェクト

編み上げた片方は、模様で右上1目交差を使っています    くつ下のDear Björn、片方が編み上がりました。脚 Leg部分での編み方にほんのちょっとつまづきましたが、そのあとはとくに大きな問題もなく編み進めることができました。脚部分をもう少し長くしようかと思ったのですが、履いてみたらこれくらい(…
Dear Björn その3「やっと進められる脚部分の編み」 ~52 Weeks of Socksプロジェクト 52 Weeks of Socks

Dear Björn その3「やっと進められる脚部分の編み」 ~52 Weeks of Socksプロジェクト

 あまり進んでいませんが、くつ下のDear Björnは脚部分を編んでいます。前回と比べて全然進んだように見えないと思いますが、でもそれには理由があります。これでもすこーしだけ進んだんです、たった数段ですが……。  くつ下パターン集、Laine Magazineの“52 Weeks of Socks…
履き口から編むくつ下の編み方覚書 編み物

履き口から編むくつ下の編み方覚書

 ここのところ52 Weeks of Socksプロジェクトをやっているため、くつ下をたくさん編んでいますが、自分で考えた超シンプルなくつ下はたまーにしか編みません。つま先から編むくつ下は自分のパターンをPDF化して書き残していて、ときどきそれを確認しながら編んだりしていました。しかし、履き口から編…
ゲッティンゲンの七教授 Göttinger Siebenの記念碑 ドイツ生活

ゲッティンゲンの七教授 Göttinger Siebenの記念碑

 昨日、久しぶりに散歩でゲッティンゲン大学(正式名称はゲオルク・アウグスト大学 Georg-August-Universität)のキャンパスへ行ってきました。我が家からは比較的近いのですが、最近の散歩は市壁の上を歩くばかりで、久しく大学へは行っていませんでした。昨日日曜日はお天気が良かったこともあ…
土曜日に配られる広告 ドイツ生活

土曜日に配られる広告

 いま住んでいるゲッティンゲンでは、土曜日になると無料で配られるものがあります。一つは上の写真左にあるビニール袋に入った次週の主なテレビ局の番組表と周辺にあるスーパーの広告、もう一つは写真右にあるExtra Tipというゲッティンゲンやニーダーザクセン州南部で配布されている新聞(というより広告紙みた…