カーディガン

以前編んだカーディガンにボタンをつけました ~ひざ丈ロングカーディガン 編み物

以前編んだカーディガンにボタンをつけました ~ひざ丈ロングカーディガン

 以前編んだひざ丈ロングカーディガンですが、やっと着られる季節となりました。完成したときに書いた記事は↓こちら。  ここゲッティンゲンでは、それまでの夏の暑い日々から一転、8月には気温が下がり始め、だいぶ涼しくなっていたのですが、それからひと月経って、そのころと同じくらい(か、それよりちょっと低いく…
Breckon完成 編み物

Breckon完成

 あとはボタンを付けるだけとなったカーディガンのBreckonですが、ボタン付けが終わり、とうとう完成しました。最後が大変だったけど、何とか出来てよかったー!  ボタンをどうしようか迷ったのですが、ひとまず先日ソストレーネ・グレーネで購入した赤いボタンを使うことにしました。ボタンの形はいびつですが、…
襟(Nack Band)、出来ました ~Breckon 編み物

襟(Nack Band)、出来ました ~Breckon

 いよいよ大詰めですが、『拾い目が大変だった』と同じことを何度も書いていたので、あっさりと。  前身ごろの前立てに続いて、襟 Neck Bandも目を拾うのに苦労しました。何度も何度も拾い直して(おそらく前身ごろの前立てよりも、やり直した回数は多い)、やっと出来たのが上の写真です。  私が持っている…
ボタンホールの位置 ~Breckon 編み物

ボタンホールの位置 ~Breckon

 カーディガンBreckonの右前身ごろのボタンホールですが、ボタン位置が決まっていたので、穴を開ける場所はすぐに決まりました。  ボタンホールの作り方は、私が持っている本に1目と2目で作るボタンホールの方法が2種類掲載されていて、そのほか、YouTubeで検索すると何種類かの方法が見つかります(だ…
左前身ごろの前立てボタン位置を決める ~Breckon 編み物

左前身ごろの前立てボタン位置を決める ~Breckon

 カーディガンのBreckonで、左前身ごろの前立て用に拾い目をするのに苦労しましたが、途中計算間違い(というより、引っ張ってこなければならない必要な数値を間違えていた)というポカミスが発覚、それを修正して、ようやくパターンに指定された目数を拾うことができました。  そして、1目ゴム編みが終わりまし…
前立て(Button Band)での拾い目 ~Breckon 編み物

前立て(Button Band)での拾い目 ~Breckon

 身ごろと袖がつながった、カーディガンBreckon。ようやく完成形に近づいてきました。あとは、身ごろの前立て Button Bandと襟 Neck Bandを編みます。  前立ては、身ごろから目を拾って編みますが、通常は身ごろの段数よりも少ない目数を拾うのが一般的です(たぶん)。私が持っている冊子…
肩と袖は引き抜きとじで~Breckon 編み物

肩と袖は引き抜きとじで~Breckon

 雑なブロッキングが済んだカーディガンのBreckon、いよいよ肩を合わせて、袖をとじ付ける段になりました。編み終えた袖を付けるなんて、何年ぶりの作業だろうか。何十年も前にやったきりなので、やり方も忘れてます。そこで、手持ちの冊子『ヴォーグ基礎シリーズ あみものホットライン 困ったときにズバリお答え…
水通しをしてブロッキング ~Breckon 編み物

水通しをしてブロッキング ~Breckon

 カーディガンのBreckonは、先日すべてのパーツが編み終わったので、袖を縫い付ける前にブロッキングをしました。パターンに書かれている手順通りです。  ブロッキングは専用の道具がありますが、私がそれ用に買って持っているのはTピンくらいです。下に敷いているのはヨガマットですし、洗濯バサミまで動員して…
身ごろが編み上がり、パーツがすべて揃いました ~Breckon 編み物

身ごろが編み上がり、パーツがすべて揃いました ~Breckon

 編み進めていたカーディガンのBreckonですが、やっと身ごろが編み上がりました。先日完成したひざ丈ロングカーディガンと同様、引越しを挟んだため、すべてのパーツを編み終えるのにえらく時間がかかったように思いますが、同じくらいの時期に編み始めたので、ここまで3か月くらいでしょうか。    これで両袖…
後ろ身ごろがあと少し ~Breckon 編み物

後ろ身ごろがあと少し ~Breckon

 身ごろを分けてからというもの、カーディガンBreckonに集中しています。先日両前身ごろが編み終わり、現在は後ろ身ごろを編んでいます。現在は、袖下の減らし目は終わっていて、目標の長さまで編み進めているところです。もう少ししたら必要な長さに達するので、そうしたら次は右肩と左肩を分けて、また別々に編む…