いままで編んだもの ~Einkaufsnetz gestrickt


編んだ作品:Einkaufsnetz gestrickt by Susanne Müller[バッグ]
使用糸:Aldi So Crafty knit & purl 100% Linen

 ネットタイプのマーケットバッグというと、Ravelryでもたくさん見つけることができますが、かぎ針であむパターンが非常に多く、棒編みはあまり多くありません。このパターンは数少ない、棒編みでできるマーケットバッグの一つです。初めてドイツ語のパターンに挑戦しました。
 Einkaufsnetz gestricktは、訳すと『手編みの買い物ネット(網)』という意味になるでしょうか。Einkaufsnetzが『買い物ネット(網)』、gestricktが英語で言うknitted、日本語で言えば『手編みの』となります。

 友人が最初にこのパターンを見つけ、ドイツ語から英語に訳してほしいと言われたため英語に訳しました(※英語訳のパターンは、私と友人との個人利用で行ったことで、配布はしていません)。自分で編むときは、ドイツ語のパターンで編み進め、完成させました。

 このバッグを編むのに必要なテクニックは、右上2目一度 k2togと掛け目 YO、i-cord編み、そして、最後に底を縫い合わせるためのメリヤスはぎ Kitchner stitchです。Judy’s Magic Cast Onで作り目をすれば、メリヤスはぎは省略できます。その方が楽なので、私はそうしました。
 使用糸は、スーパーのALDIで見つけた麻100%で、ALDIのオリジナルブランドのようですが、詳細は不明です。とても細い糸なので、2本どりにしました。
 フランスで買った市販のマーケットバッグ(左の青)と並べてみると、形はずいぶん似ていますが、編んだものはやっぱり手作り感が漂います。


 それにしても、ドイツ語の略語の意味を探すのには、少々苦労しました。というのも、英語からドイツ語に訳した一覧表なら簡単に見つかるのに、逆のドイツ語から英語にした一覧表がまったく見つからないのです(需要はなさそうだし、そりゃ当たり前か)。英語→ドイツ語でも使えないわけじゃないんですが、翻訳するときに該当する言葉を探すのに時間がかかったんですよね。いずれ、ドイツ語→英語の一覧表を自分で作ろうと思っています。
 そういえば、毛糸メーカーのDropsなら、数言語でパターンが用意されているので、英語とドイツ語のパターンを見比べながら略語を覚えるのが、もしかしたら良いかもしれません。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。