スーパーで買えるバウムクーヘン


 ドイツのケーキと言えばバウムクーヘン Baumkuchenと思い浮かべる方が多いと思いますが、実際ドイツではあまり見ないケーキです。おそらく、ドイツよりも、日本での方が知名度が高いと思います。というのも、バウムクーヘンは基本的にKonditorei コンディトライと呼ばれる洋菓子専門店の、さらに限られたお店でしか販売されていないからです。ゲッティンゲンには、バウムクーヘンを販売しているCorn und Lanzがありますが、とてもめずらしいと思いました。デュッセルドルフには、その周辺とミュンヘンにも展開しているHeinemannというKonditreiがありますが、お店はいつもバウムクーヘンをお土産に買う日本人旅行者がたくさんいたのを思い出します。

 以前はKonditoreiで販売しているバウムクーヘンしか見たことがなかったのですが、以前ドイツに住んでいたときに一度だけスーパーのReweで市販のバウムクーヘンが売っているのを見たことがありました。9月の上旬にすでに販売が開始されていたクリスマス関連のお菓子と一緒に並んでいて、まず、スーパーに並んでいることに驚きました。そのときは買わずにいたのですが、次に同じスーパーへ行ったときには、売り切ったからなのかすでに棚からなくなっていて、以降追加入荷もなく、そのときはついに手に入れることができませんでした。でもこの経験で、クリスマス商品が並び始めるころ(9月)だったら、スーパーでも市販のバウムクーヘンが買える可能性があることを知りました。普段ほとんど見かけないケーキだからこそ、このときのことはとても印象に残っています。
 実はイギリスでも、一度だけバウムクーヘンをスーパーで買ったことがありました。やはりクリスマスのお菓子に混じって販売されていました。そのときのことを書いた記事は↓こちら。


 
 さて、イギリスから再びドイツに戻ってきました。いまはちょうど9月中旬。近所のスーパーはすでにクリスマス関連のお菓子が並んでいます。これはもしや、と探してみると、ある一角にバウムクーヘンが並んでいるのに気づき、大喜びしたのは言うまでもありません。そのとき購入したのが上の写真です。

 直径が10cmくらいであまり大きくありませんが、小さな一切れだけで大満足な味わいです。口に含むと、表面のミルクチョコレートがパリっと音と立てて割れ、しっとりと柔らかい生地が出てくると、割れた甘くて濃厚なミルクチョコと一体化していき、幸せな気分にさせてくれます。

 スーパーで買えるようなものよりも、専門店の方が美味しいだろうとは思うのですが(専門店のバウムクーヘンは未経験)、『安価で気軽に買えるバウムクーヘン』というのが自分のなかでは高ポイントなのです(スーパーだと€5以下)。しかも、十分美味しい。Instagramで一番上の写真を載せたら、スーパーのEDEKAには一年中バウムクーヘンが売られているという情報を教えてくださった方がいらっしゃいました。実は、今まで住んだことのあるドイツの町には、サッと行ける距離にEDEKAがありませんでした。しかし、ここゲッティンゲンには、自転車で行ける距離にEDEKAがあるので、今度探しに行ってみようと思っています。楽しみ。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ 

6件のコメント

  • バームクーヘン、フランスではまずみかけません。ルクセンブルグではドイツも近いから売ってるんじゃないかなと期待していたらありました。しかしべらぼうに高い!!直径23cmくらいだと思いますが高さは2cm強で値段は20ユーロ超えてました。一回も買ったことがありません😿
    でもルクセンブルグ市のお祭りで試食出ていたので、食べたら美味しかったです。でもあれを丸ごと買うのは躊躇する味というか、やっぱり質と値段が釣り合っていませんでした。なのでこんなかわいい大きさのを気軽に買えるドイツ、うらやましー。
    いつもあるスーパーのサイト、ドイツわからんけど見てみました。行ったことのないスーパーって楽しいですよね。ほかにも何かいいものが見つかるといいですね。
    うちはドイツの物品展とかアンテナショップ的な店ができてくれるといいのですが。たらこ缶を買える東欧の店はあるんですけどね。できるまでは距離的に遠くないってことでしょうか。

    • マカロンさん、コメントありがとうございます。
      フランスやベルギーにはバウムクーヘンはないでしょうね。そちらはドイツとは全然違うタイプの美味しい焼き菓子がありますし。フランスの、バターたっぷりのマドレーヌやフィナンシェ、大好きです! ナントへ行ったときに、屋内マルシェにあったケーキ屋さんで買ったクイニーアマンもめちゃくちゃ美味しかった!
      それにしても、ルクセンブルクにバウムクーヘンが売っているのは驚きです。そしてそのお値段にも驚きです……。
      日本人にとっては、バウムクーヘンって安価で身近なお菓子なので、高いと手を出すのに躊躇してしまいますよね。ちなみに、スーパーで買ったこのバウムクーヘンは€3くらいです。
      行ったことがないスーパーを見るのが楽しい、これ、とてもよく分かります! 初めてMonoprixに入ったときは、隅々まで見て周っちゃいました。

  • モノプリ!私はフランスにいてもモノプリは品揃えがほかのスーパーとちょっと違って、見入っちゃいます。
    コロナ終わってまた別な国のスーパーいきたいです。ミュシャ好きなのでプラハ目指してます。毛糸屋もみにいかなくちゃ。yukaさんはどこか狙ってますか?

    • マカロンさん、モノプリって品揃えがほかとは違うんですね~。そういえば、Carrefourというスーパーにも入ったことがあります。残念ながらあんまり印象には残っていませんが……。旅に出ると、スーパーって必ず寄ってしまいますよね。私も久しぶりに他の国のスーパーに行きたいです。行きたい国はいろいろとありますが、ヨーロッパに住み始めたころから夫ともどもアイスランドに行きたいと思い続けています。なかなか行くチャンスがなくて、何年も経ってしまいました。アイスランドといえば羊毛業。もし行くことができたら、毛糸屋さんで毛糸を大量に買っちゃいそうです。

  • モノプリは、なぜここにこれが?っていうものが突然おいてあって不思議なのです。で次にいくともうなかったり。日本の商品も渋いポン酢とか焼酎とかあったりして。お値段もなかなかですが。
    旅の途中じゃないのに出会ったら買わないと無くなるということが起きたりします。
    カルフールは一般的なスーパーなので印象には残りづらいと思います。

    アイスランド!私も興味あります。編み込みにいい毛糸もいっぱいありそう。だんなさんは毛糸ではなくほかのことで興味あるんですよね?なんだろう。
    そして北欧の国にも毛糸買いにいってみたいです。あーネットで妄想だなぁ。

    • マカロンさん、ドイツのスーパーでも、そのとき買わないと次にはもうないという商品がたくさんあります。まだ時期じゃないのにと思って買うのを見送っていたものがあったのですが、いざ買おうと思ったらどこにもなくなっていてショックだったことが何度もあります。モノプリ、マカロンさんのお話を伺って、ますます再び行ってみたくなりました。
      ドイツで知り合った日本人のご夫婦の何組かがアイスランドへ旅行へ行っていて、おそらくそれぞれから旅行話を聞いて夫はアイスランドに興味が出たんだと思います。あとは、サッカーのアイスランド代表が特殊だったので(ほとんどがアマチュア選手だった2016年当時、欧州選手権でベスト8まで行った)、それも興味を持つきっかけだったのではないかと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です