9ユーロチケットを購入しました(6月分)

ドイツ鉄道 DBのアプリで購入した9ユーロチケット(6月分)。使用のさいは、写真付き公的身分証明書と一緒に携帯していることが前提となっています

 
 先日の投稿で、長距離高速列車(ICEやICなど)や長距離バスを除く、ドイツ全土の電車、地下鉄、トラム、バスが乗り放題になる9ユーロチケットのキャンペーンが6月から始まったことを書きました(8月末まで)。

 上記の記事を書いた段階では、様子を見ていたため、まだ購入はしていなかったのですが、そのわりとすぐ後に、9ユーロチケットを購入することになりました。

 先日土曜日にハノーファーへ行くために買っておいたICEの乗車券が、当日いろんなことがあって無駄になってしまい買い直しをしたため、節約のために帰りはローカル線のRE(Regional Express)で帰ろうと思ったのが、購入した理由でした。でも、電車がニュースで見たような混雑をしていたらイヤだったので、まずは該当ホームへ行って混雑っぷりを見てみることに。すると、車内はさほど混んではおらず、そこそこ空き席があることが分かったので、DBのアプリを使ってその場で購入し、そのまま1時間13分、電車に揺られ、ゲッティンゲンへと帰ってきました。ゲッティンゲン―ハノーファー間は、ICEなら最短で37分ですが、REだと最短で1時間13分ほどです。時間を節約するなら断然ICE、でも時間に余裕があるならREでもとくに問題はありませんでした。ただ、REは車内がちょっと臭かったけどね……(FFFP2マスクをしていたので、最初は臭いに気づかなかった)。

 私が今回購入したのは、6月分の9ユーロチケットなので、有効期限が6月30日で切れてしまいます。その間、どれくらいローカル線やバスなどを使う機会があるか分かりませんが、元が取れるくらいは使いたいな、と思っています。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。