間違い発見 〜Breckon


 だいぶ編み進められた!と喜んでいたBreckonですが、編み間違えているところを発見。
 Breckonには3目で作る交差編みが何か所か出てくるのですが、ここの交差を左右逆にしていました。しかも12段も下で。

 Breckonは身ごろ全体が模様編みになっているデザインなので、編んでいるときはいつも、間違いがないように最新の注意を払っています。そのかいあってか、メインの模様編みでは間違いがほとんどありませんでした。かけ目 Yarn Overをときどき忘れるくらい。しかし、なぜか交差編みでは間違いが頻発。実は今回の間違いが初めてではなく、何度も間違えてしまっては、交差編み部分だけをほどいて編み直しをしているのです。同じことを4段ごとにくり返すだけなのに、なんでこんなに間違いが起こるのか、分かりません。たぶん、メインの模様編みに気を取られすぎているからかもしれません。

 この交差編みは、編み間違いを見つけても段全部を編み直す大がかりな直しではなく、交差編みの3目だけをほどけばいいので、そこは楽です。

 1目だけの間違いならかぎ針だけで直していけますが、2目以上ある場合は、私は編んでいる針のサイズと同じか、それよりちょっと細めのサイズの棒針も一緒に使って直しています。
 間違いがある段までほどき、ほどいた3目を直し用に用意した棒針にかけ、ほどいて横に渡っている糸の段を間違えないように、かぎ針で編んでいきます。

 修正完了。


 
 さて、続きを編むか、と編み始めたら、またもや別の交差編みで間違いがあることに気づきました。一番上の写真にもその間違いがしっかり写っていましたが、続きを編み始めるまでまったく気づいていませんでした……。なんてこったい。

 そしてこちらも同じように直しました。

 交差編みは何段かごとに間違いがないか確認しないと、こういう直しばかりをやる羽目になってしまいます。もう、本当に何度目よ、この直し……。気をつけなきゃ。
 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ 

4件のコメント

  • この直しをできる人になりたいものです。こういうのがあるのでやっぱり達人と一緒に編み物したいなぁ。
    私もこの同じような模様を妹にあげた手袋で編んだのですが、間違ってしまって、その時は頑張って編みなおしました。一目ずつ戻りましたよ、ばーっと解いてやる自信がまったくないので(;’∀’)

    だいぶ進んでいますね。直してるのもいれてこの進み具合、すごいです。私は引っ越しの日程が今週決まりそうなので、編み物はしばらくできなそうですが、向こうについてから早く片付け自分の城をなんとかして、編み物できる場所も確保します。編み友との別れはなんかさびしかったです。とりあえずズームのようなものでオンライン編み会を二人でやることにしました。

    シュシュも出来上がり可愛いですね。メリヤスはぎ私も苦手です(いや、はぎ全般)。お疲れ様でした。
    カーディガンの編みあがりも楽しみです。

    • マカロンさん、いつもコメントありがとうございます。
      模様編みの直しは、バーっとほどくよりも、一目ずつ戻るほうが確実ですよね。表目だけなら一部だけの直しをしやすいですが、模様編みだと目の構造が分からないと途端に迷子になり、結局間違えたところまで全部ほどく羽目になったことは何度もあります。そういったことがないように、数段ごとに模様のチェックをする癖をつけました。まあ、最初の直しは完全に見落としていましたが……恥。
      編み友との別れが寂しい気持ち、よく分かります。私もイギリスでできた編み友と別れるのは本当に悲しかったです。でも、いまはオンラインで繋がることができるので、今生の別れではないと思えば、少しは気持ちが明るくなると思います。
      引越しの日程が決まったら、荷物の整理(処分)と箱詰めですね。がんばってください〜。

  • 書き忘れましたが、youtubeを携帯ではなくパソコンでみたいのは大きな画面でみたいんですよね。
    やっぱり仕事でもパソコン世代なもので、ちっちゃい画面が苦手です。。。

    • たしかにちっちゃい画面は見づらい! そうですよね。私もYouTubeを見るときは、スマートフォンではなく、タブレットで見ています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。