後ろ身ごろが編み終わりました ~Cowl Shell


 輪編みで裾から編み進めていたトップスのCowl Shellですが、いよいよ袖の形に両端を減らし目をする段になりました。以前の記事は↓こちら。

 ここで後ろと前の身ごろに分けられ、別々に編んでいくことになります。まず最初に編むのは後ろ身ごろでした。袖下の減らし目が終わったあとは、そのまま60段ほどを平編みして、首周りの後ろを伏せ止めすると、さらに左肩と右肩に分けられました。それぞれを指定通りに編んで伏せ止めし、後ろ身ごろが終了しました。

 あとは前身ごろだけ。ゴールが見えてきて、ますます早く編み上げてしまいたいと思うようになりました。
 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ 

6件のコメント

  • 形ができてきて最後が近くなるとスピードあがりますね。楽しみです。

    このマグはドイツのですか?ドイツのトリーアにいったときにホットワインを飲んだときにもらったマグにもちょっと似ています。美味しいお茶と編み物で、秋はいい時間過ごせますよね。私は最近買ったハーブティーが選択ミスでちょっと最後まで飲み切れるか自信がありません😿

    • マカロンさん、コメントありがとうございます。
      もうちょっとで完成だ!と思うと、ラストスパートに乗るのか、集中力が上がるような気がします。早くくつ下のプロジェクトに取り掛かるためにも、できればこちらもDriftwoodも今月中には完成させてしまいたいと思っているため、余計そうなのだと思います。
      このマグカップは、初めて住んだドイツの小さな町の秋祭りで購入したものです。その町は秋祭りのたびに、販売された年数とともに町の名所が描かれたマグカップを販売していました(いまはどうなのか分かりませんが)。このマグは2014年に購入したもので普段遣いしています。このほかに、2015年に販売されたマグも二つ持っていて、いまは大事にしまってあります。
      たしかに、ホットワイン(ドイツ語ではグリューヴァイン Glühwein)が注がれるマグカップに雰囲気が似てるかも。口をつけるところが厚めで、熱い飲み物を少しずつ口に含むことができるのが共通点かな。クリスマスマルクトで販売されているホットワインは、開催場所やお店によって使われているマグカップが違うので、コレクションしている人も多いようです。私も地名が入ったマグをいくつか持っています。いまはお茶ですが、本格的に寒くなってきたらホットワインの出番ですかね。飲みすぎると酔っ払うので、編み物をしているときは注意が必要ですが(笑)。
      一度も口にしたことがないハーブティー買うときって、書かれている材料から香りや味を想像してみるも、結構な冒険になりますよね。購入されたハーブティーは香りがダメだったのでしょうか。それだと辛いかもしれませんが、そうでなければお砂糖をちょっと入れて甘くしてみるのはいかがでしょうか。あとは思い切って芳香剤のようにして使うとか。

  • やはりドイツの地名入りマグでしたか。いろんな場所でホットワインが売られていたので一回りして、一番気に入ったマグのとこにしました。その後コロナで行けなくなり、ドイツからも遠くなってしまったのが残念です。コレクションといえるまではいかなくてもまた買って見たかったです。

    ハーブティー、うちでは水出しで冷たくして飲むことが夏は多くて今もまだ続けてます。ホットで飲んでどうか試す予定ですが、選ぶ基準はベースが緑茶のこともありますが、それに柑橘系かブルーベリーが入ってるタイプがお気に入りなんですが、先日買ったのは箱にアーユルベーダと書いてあって、でもマンゴー、グアバとかだったのですっきりのめそうかと思ったら、薬品っぽい感じの後味で苦手です。
    芳香剤、ティーバッグをやぶってお皿に出してってことですよね?やってみようかな。アーユルベーダが吉とでるか( ̄∇ ̄;)

    • マカロンさん、ホットワインはお店によって味が違うので、いろいろと試してみるのも楽しいですよね。マグカップは気に入らなければ返却できますし(しかもお金も帰ってくることがほとんど)。コロナ禍だったこともあって、昨年はマルクトが開かれなかったようですが、今年はどうなるかなあ。
      ハーブティーは水出しとお湯とでは味わいと香りが変わりますよね。マンゴーとグアバなら、そんなに癖もなさそうなのに、水出しだと薬品のような後味なんですか……。お湯で煮出したら後味が気にならなくなるといいですね。
      香りが良ければ、お皿に出して楽しんだり、ティーバッグのままでタンスの引き出しに入れたり、クローゼットの中に吊るしておくかするのも良さそうかな、と直感的に思いました。残念ながら自分では試したことがないので、うまくいくのかは分からないのですが……。

  • そうでしたね、返却可能だったのを思い出しました。マグがほしくて赤ワインは二の次っぽかったので(;’∀’) テロもあったし、マルクトはいろいろ大変ですよね。無事に開催されますように。テロはフランスも他人事ではないですし。

    アーユルベーダ感がどこからくるのか材料表示をよくみたら、クミンが入ってました。これです。チーーン。ホットもアイスもかなり個性的なので頑張って飲み切ろうと思います。クローゼットはやらないでおきます( ̄∇ ̄;)

    • マカロンさん、コロナ前はテロが問題になってましたもんね。いまはコロナで開催されるのか微妙ですが……。冬のお楽しみなので、開催してほしいものです。
      あらら、アーユルヴェーダ感がまさかのクミン……笑 それは確かに個性的な香りと味わいになりそうだし、芳香剤としてクローゼットに入れるにも不向きですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。