クリスマスマルクトで飲むグリューヴァイン

グリューヴァイン Glühwein
ゲッティンゲンのクリスマスマルクトで初めて買ったグアマレット入りのリューヴァイン

 
 昨日、買い物に出かけた帰り、ちょうどクリスマスマルクトが行われている広場を通りかかったので、とても寒かったこともあってグリューヴァインを飲むことにしました。それが上の写真です。以前にも書きましたが(下記の記事)、グリューヴァインにはアマレット Amarettoというお酒を入れて飲むのが好きなので、もちろん、上の写真もアマレット入りです。すりガラス製のカップにはGöttinger Weihnachtsmarktと書かれ、クリスマスマルクトが開催されているMarktplatzと町のシンボルであるGänselieselの絵(こちらは写真に写っている会場の絵の反対側にあります)が描かれています。

 さて、ゲッティンゲンのクリスマスマルクトでは、ワクチンを接種した、もしくはコロナから回復したことを証明すると、小さなバンド Bändchenを手首に巻いてもらえ(夏の野外ライヴなどでも使われているのと同じで、水に濡れても大丈夫な紙製)、これを見せればクリスマスマルクトのお店で飲食物の購入が可能になります。

2Gを証明したらもらえるバンド。手首に巻いてもらえます

 
 昨日は、グリューヴァインのお店でこの小さなバンドをもらい、そのままグリューヴァインを購入しました。家の中で飲むのもいいですが、やはり寒空の下で飲むグリューヴァインは格別です。

 このバンドは、開催期間中であればいつでも使えるようでしたが、手首に巻いたままだと日常生活にはちょっと邪魔になるので、帰宅後に外してしまいました。そこで初めてこのバンドの全貌を見ることができたのですが、文字だけでなく、ソリに乗ったサンタクロースとトナカイがちっちゃく描かれていました。こういう細かいこだわり?が大好きなので、それだけでもうこの小さなバンドにメロメロです。

バンドに書かれていたのはGöttinger Weihnachtsmarktだけじゃありませんでした

 
ソリに乗ったサンタクロースとトナカイのちっちゃな絵があるのに気づいたのは、バンドを外してからでした

 
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です