Dear Björn その4「片方が編み上がりました」 ~52 Weeks of Socksプロジェクト

編み上げた片方は、模様で右上1目交差を使っています

 
 くつ下のDear Björn、片方が編み上がりました。脚 Leg部分での編み方にほんのちょっとつまづきましたが、そのあとはとくに大きな問題もなく編み進めることができました。脚部分をもう少し長くしようかと思ったのですが、履いてみたらこれくらい(脚40段+履き口 Cuff14段)でちょうど良い感じになりました。


 くつ下パターン集、Laine Magazine“52 Weeks of Socks”(リンク先:Ravelry)に掲載されている52作品を全部編むという『52 Weeks of Socksプロジェクト』をのんびりと行っています。このくつ下パターン集については、下記の記事で紹介しています。


 
  Dear Björnのパターンは↓こちら(リンク先: Ravelry)。


 履き口部分は模様から続くようになっているちょっと特殊な編み方で、表目は基本的にねじり目の指定でした。そして、伏せ止めはJeny’s Surprisingly Stretchy Bind Off(か、好みの伸縮性のある止め方)で、とあったので、素直にJSSBOを選びました。

 編み上げたこのくつ下は、右上1目交差で模様がを編んでいますが、これから取り掛かるもう片方は左上1目交差で編んでいきます。つまり、編み上げた方とはちょっとやり方が違うのです。片方を編み上げているし、まったく異なる編み方をするわけではないのですが、間違えないように気をつけなければ。

 それにしても、このくつ下は模様が単純な編み方の割りに見栄えが良く、とてもステキな仕上がりになりますね。本の“52 Weeks of Socks”では、2サイズしか書かれていませんが、単品で購入できるデジタル版(リンク先:Ravelry)では、小さな足を含む7サイズの展開があるので、デジタル版の方がお得かも。
 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ 
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。