夏の始まり Sommeranfang ~夏至2022

中庭から見上げた2022年6月21日の青空。今日は一番暑くなっても22℃らしいです

 
 今日2022年6月21日は、一年でもっとも昼の時間が長い日、つまり夏至です。
 昨年の夏至も6月21日で、前日の20日よりも1秒だけ明るい時間が長い、でもそれでも一年で一番昼間の時間が長いという、ちょっと衝撃的な日でした。

 今年もリンクを下記に張っておきます。
 ゲッティンゲンは、今日一日の昼の時間が16時間38分39秒。昨日20日は16時間38分36秒だったので数字を比較すればその差は3秒ですが、下記のサイトでは前日との差が2秒違いとあります。なんでこうなっているのかはよく分かりません。

Göttingen, Niedersachsen, Deutschland — Sonnenaufgang und Sonnenuntergang Juni 2022

 でも、今年の昼の時間を見ても分かりましたが、一年で一番長い昼の時間といっても、たった1秒や2秒の差なんですね。

 夏至のことをドイツ語ではSommeranfang ゾンマーアンファング(またはSommersonnenwende ゾンマーゾンネンヴェンデ)といいます。Sommerは夏、Anfangは開始を意味するので、まさに夏の始まりです(Sonneは太陽、Wendeは転換といった意味があります)。

中庭のアパートに生い茂る蔦が、太陽の光を浴びて青々としています。数か月前までこの蔦全部、枯れていたのが嘘のようです

 
 こう書いてみると、なんだかとてもウキウキします。明日から徐々に日が短くなっていくことなんて、考えちゃいけない。やっぱり5月から8月上旬にかけては、明るい時間が長くて空も青くお天気が良い日が続くので、一年で一番良い季節です。冬のことなぞ考えずに、いまの長い明るい時間を存分に楽しむしかありません。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。