身ごろが編み終わりました ~Poet

Poetの身ごろが編み終わり、やっとセーターらしい形に

 
 昨日、身ごろの模様編みが終わったセーターPoetですが、無事裾のゴム編みも終わり、これで身ごろが編み終わりました。やったー! あとは両袖と首周りを残すのみとなりました。

 上の記事の最後で予告していたとおり、伏せ止めはJeny’s Surprisingly Stretchy Bind Offにしましたが、相変わらず見た目があまり好きになれません……でもやはり着るときのことを考えると、伸縮性が最優先。致し方がない感じですね。これと同じくらい伸縮性のある伏せ止めはないものかといろいろと調べましたが、JSSBO以外はどれも納得のいく伸びにはなりませんでした(これは私の手がきつめなのが悪い)。今度、伏せ止めについてもっと集中的に調べようかな。そして理想的なゴム編み止め(Tubular Bind Off)でもJSSBO並の伸縮性を出せるよう、練習しようと思います。

Poet身ごろの全体像

 
 さて、身ごろは模様編みだったPoetは、両袖はメリヤスと1目ゴム編みだけなんですよねー! だからきっとすぐに編み終わると思います。私にとっての難関は、襟ぐりです。この部分は、カーディガンのBreckonでもものすごく難儀しました。

 PoetもBreckonと同じように、模様編みの編地から目を拾うことになるので、同じような苦労をするのではないかと、いまから心配です。
 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ 

2件のコメント

  • 素敵ーーー。模様の現れ方が半端ないです。伏せ止めもきれいに仕上がってると思いますけどねぇ。でも理想を追い求めるyukaさん、尊敬です。私もかぎ針の長編みごときでぶーたれてる場合ではありませんでした。

    袖は模様が入らないんですね、それはあっという間に終わりますね。私のも前立てと襟を目をちゃんと拾えるか心配してます。なんか目をきちっとではなく3目から2目拾ったりいい感じにしていくんですよね。大丈夫かなぁ。

    あと、ちょっと心配なのは小さくないだろうかということです。胴部分が5cm弱あめたんですが、着てみるのはちょっと怖くて(針はずれそう)もうちょっと編んでみて脇の下の大きさはかってみようと思ってます。

    • メロンパンさん、コメントありがとうございます。
      この模様、本当に素敵ですよね~。身ごろを編み終わって眺めて、自分の編み目のガタガタっぷりは置いておきますが、あまりにもきれいな模様に感嘆しました。きれいに伸ばすのが今から楽しみです。JSSBOは、伸縮性については申し分ないのですが、見た目がどうも気になっちゃって……。自分でこだわりが過ぎるとも思いましたが、やはり1目ゴム編み止めに変えることにしました。
      Isabellさんのパターンで襟はやったことがないのでわかりませんが、カーディガンを編んだときに前立てで目を拾う苦労をした記憶がないので、きっとうまくできると思います。
      セーターやカーディガンは伸縮性もあるため、ブロッキングやスチーミングで広げることができるので、そんなに心配なさらなくても大丈夫だと思います。
      どれもうまく行きますように!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です